緑豊かな山々と清らかな水が生み、郡上びとがはぐくんだ味覚のあれこれ。城下町ののれんの味から里人の知恵がいきる伝統の味まで名物いろいろ味くらべ

大黒屋商店

大黒屋商店
郡上みそ

郡上八幡 本町
0575-65-2071
詳しくはこちら

郡上乳社

みるくほうる

郡上八幡 今町
0575-65-2209

       
田中

時代屋大國
葉なんばん

郡上八幡 大手町
0575-65-2366
詳しくはこちら

山二山田商店

ヤマニ商店
味噌、たまり

郡上八幡 新町
0575-65-2457

       
丸一精肉店

丸一精肉店
天然しし肉 飛騨牛

郡上八幡 新町
0575-65-2811

流響の里

流響の里
おみやげ、お惣菜

郡上八幡 殿町
0575-66-2200

       
田中

田中茶舗
郡上ほうじ茶

郡上八幡 日吉町
0575-65-2838
詳しくはこちら

鳥信商店

鳥信商店
奥美濃古地鶏販売店

郡上八幡 常盤町
0575-65-2748
詳しくはこちら

       
 

 

 

鳥信商店

郡上八幡コケコッコ村
新鮮玉子の全国販売

郡上八幡 市島
0575-62-2169
詳しくはこちら

 

城下町伝統の銘菓の数々。小京都ならではの味わいと郷愁あふれる風味。昔あったこんなお菓子あの甘さが郡上八幡では今なお健在です。

なかしょう

中庄
和洋菓子

郡上八幡 常盤町
0575-65-2433
詳しくはこちら

のだけん

野田軒製菓舗
栃の実せんべい

郡上八幡 大坂町
0575-65-2436
詳しくはこちら

       
おおまみや

桜間見屋
肉桂玉

郡上八幡 本町
0575-65-4131
詳しくはこちら

やなかや

やなか屋本舗
水まんじゅう

郡上八幡 新町
0575-65-6002
 

       
しょうわどう

正和堂製菓
踊りしるこ

郡上八幡 橋本町
0575-65-2400
 

駄菓子屋 もりた

駄菓子屋 もりた

郡上八幡 川原町
0575-65-2518
 

 

銘菓郡上

盛進堂
銘菓郡上

郡上八幡 下日吉町
0575-65-2339
 

 

 

 

 

 

清らかで豊かな水とおいしいお米。郡上の澄んだ空気の中ではぐくまれた銘酒から,飛騨美濃の地酒まで酒どころ岐阜の名に恥じない逸品揃え。

上田酒店

上田酒店
"蔵の風"

郡上八幡 本町
0575-65-3345


ひらの

平野本店
"積翠"

郡上八幡 本町
0575-65-2155
詳しくはこちら

 

城下町の歴史が生んだ呉服の文化。紬や藍染に代表される自然の風合い草木染のやさしい色づかい、染めと織りの町地元郡上八幡ならではのお店です。

石山呉服店

石山呉服店
踊りゆかたレンタル

郡上八幡 日の出町
0575-65-3854

たにざわ

たにざわ
郡上つむぎ

郡上八幡 本町
0575-65-2074
詳しくはこちら

       
たんごや

たんごや
郡上おどりゆかた

郡上八幡 新栄町
0575-65-2752
詳しくはこちら

渡辺染物店

渡辺染物店
郡上本染

郡上八幡 立町
0575-65-3959
詳しくはこちら

       
 

 

Takara Gallery Workroom

タカラギャラリーワークルーム

郡上八幡 常盤町
050-3682-1861
詳しくはこちら

 

カラン、コロンと石畳にひびく下駄の音。郡上おどりになくてはならない踊りげた。足にぴったりの台に好みの鼻緒をすげて世界でひとつだけの自分の下駄が買える郡上八幡ならではの旅の楽しみがあります。

杉本げたや

杉本はきもの店
踊りげた

郡上八幡 大手町
0575-67-1080
 

わだてつ

和田鉄は
きもの店
踊りげた

郡上八幡 立町
0575-65-3720
 

岸山履物店

岸山履物店
踊りげた

郡上八幡 新町
0575-65-3321

郡上木履

郡上木履
踊りげた

郡上八幡 橋本町
0575-67-9235
詳しくはこちら

 

郡上八幡の情緒をつたえてくれる小物たち。和紙、焼きもの、木の玩具、ガラス工芸。豊かな自然の恩恵は素材だけでなく作り手の感性をも生み出してくれるのです。

坂東

坂東
和の小物

郡上八幡 左京町
0575-65-3664
詳しくはこちら

セレプの店

セレプの店
町屋千代

郡上八幡 大手町
0575-67-2123

       
x小酒井陶艶

小酒井陶苑

郡上八幡 新町
0575-65-2364
 

やなかこみち

やなかこみち
おみやげ茶屋

郡上八幡 稲荷町
0575-65-6643
 

       

はんどめいど Chocotte

郡上八幡 桜町
0575-67-9099

 


 

 

レストランのショーウィンドーを飾るおなじみの食品サンプルのアイデアはもともとこの町で起こり、今でも全国生産の7割を誇っています。「思わぬモノが思わぬところで」とちょっとおどろきの体験工房やお店はこちらです。

大黒屋商店

旭サンプル工房
実演と販売

郡上八幡 東町
0575-65-4887
詳しくはこちら

サンプルビレッジいわさき

サンプルビレッジ•いわさき
実演と販売

郡上八幡 城南町
0575-65-2832

       
郡上豆腐

さんぷる工房
実演と販売

郡上八幡 橋本町
0575-67-1870
詳しくはこちら

さんぷる工房北町館

さんぷる工房北町館
販売、喫茶

郡上八幡 下殿町

       

サンプルの郡上屋 販売

郡上八幡 下殿町
0575-65-6701

 


 

城下町を親切にご案内するタクシーは気軽な観光の足としてお役に立ちます。

コイケタクシー

コイケタクシー
タクシー

郡上八幡 橋本町
0575-65-3128

 

Holder

郡上中坪SS

郡上八幡 中坪
0575-65-2240

 

郡上タクシー

郡上タクシー
タクシー

郡上八幡 新栄町
0575-65-3155
 

 


 

ユネスコ世界遺産に未登録の文化遺産の数々が郡上八幡にはどっさり!あります。ちょっと地味だけどちょっと面白い…そんな静かな自己主張をしている文化遺産を訪ねてみましょう。

世界遺産「熊野修験道」のミニ版高賀山信仰


村上天皇の天暦年間(947~956)に藤原高光によって建立されたと伝えられる6つの神社が高賀山をとりまくように散在し、山岳信仰の隆盛を今に伝えています。標高2千メートルを超える山々が多い岐阜県にあって高さ1224メートルの高賀山が自然信仰の対象となったのは、おそらく濃尾平野から屏風絵のように連なる奥美濃の山々を眺めたとき、その中で一番目にとまる高い山であったためではないかと考えられます。北アルプスなどの山々は当時はまだはるか遠く辺境の地であったのでしょう。
高賀山の北側にあたる郡上八幡には那比新宮神社、那比本宮神社の2つの神社があり、いずれも明治維新の神仏分離政策をまぬがれて、神社でありながら仏像が安置されるという古い神仏混淆の姿を残しています。特に平安時代から鎌倉時代にかけて製作された懸け仏が247面残され、那比新宮神社のご神体は貞和2年(1364)の造像された金銅虚空蔵菩薩座像。精巧緻密な座像としてともに国の重要文化財の指定をうけています。
文明年間(1469~1487)に郡上の領主である東常縁は連歌の宗匠飯尾宗祇を伴ってここに参詣し、
「神もここに幾世か夏を杉の杜 常縁」
「宮居はなれぬ山ほととぎす 宗祇」
の連歌を詠みました。
神域は樹齢500年をこえる杉やヒノキが鬱蒼と茂り、かつての権勢をよそに静まりかえっており、あたかも修験者が潜んでいそうな、また神々の囁きがどこからか聞こえてきそうな雰囲気です。

あし:市街地から車で20分で那比新宮神社。那比本宮神社へはさらに10分。

歌舞伎の回り舞台をもつ神社拝殿 高雄神社の拝殿


市島地区に200年以上も伝えられている高雄歌舞伎は高雄神社の祭礼奉納歌舞伎としてつづいているもので、神社の拝殿には歌舞伎用の回り舞台がついています。観客席となる境内は602坪の広さがありますが興行の雨天対策から、近年は神社近くの口明方小学校体育館で催されています。
歌舞伎公演はすべて地元の手によるもので大道具、小道具から舞台衣装、語り、鳴り物などのすべてにわたり長年に培われたその伝統を見ることができます。秋の夜長、深夜まで延々とつづく村人総出の熱演ぶりは心をうつものがあり、高雄神社の拝殿とともに後世に伝えていきたい文化財です。


あし:市街地から車で15分。高雄歌舞伎の公演は例年10月の第1土曜日。公演の詳しいお問い合わせは郡上八幡観光協会まで

主役は子供たち 吉田川の清流文化

言ってみれば夏になると子供たちは町の中心を流れる吉田川で泳ぎや飛びこみを楽しむ、という少し前までは日本中のどこでも見られた光景です。川のせせらぎの音、それに入り交じる子供たちの元気な歓声や笑い声は橋を渡る大人たちにもやすらぎを与え、「郡上八幡 宮が瀬ドンボの夏」として日本の音風景百選にも選ばれました。ドンボとは郡上弁で川の淵のことです。
またそこには遊びの中で生まれた子供たちなりの安全の秩序や暗黙のルールがあり、上級生は下級生を見守り、飛びこみの度胸だめし等ある種の通過儀礼を通ってゆくのです。
昭和60年(1985年)に郡上八幡で開催された「第1回全国水環境保全会議」(名水サミット)の際に、会場の横を流れる吉田川で子供たちが歓声をあげて遊び、橋から飛び込んだりする風景に、会議の参加者やマスコミの方々はびっくりして一部の記者からは「あれはやらせではないのか?」という質問も出たほどでした。自然の中で人間らしいリズムと生き生きとした子供たちの生活がある、今では懐かしいというそんな表現になってしまう夏の吉田川の風景は、子供たちによって受け継がれている無形の遺産です。

あし:郡上八幡旧庁舎記念館のすぐ脇

世界遺産「京都清水寺」のこちらもミニ版 五町観音楊柳寺

京都清水寺を模した架け出し舞台を本堂にもつこの寺の由来は、本尊の千手観音像が養老年間(717~723)に行基によって彫られた京都清水寺の観音菩薩と同じ木で造られた云わば同体の仏像とされるためです。古い歴史を裏付けるように多くの寺宝が残されており、また江戸時代の儒学者の江村北海は「楊柳寺之詩」を詠み、頼山陽などの多くの文人が訪れた記録があります。

あし:市街地から車で5分。または岐阜バス五町営業所下車、まめバス五町下車、徒歩5分。

自在天満宮の自在とは? 小野自在天満宮のご神体

八幡神社の境内にある小野自在天満宮。菅原道真公を祀る天満宮は全国にありますが、ここが自在と称する由来は神社のご神体が菅原道真公の姿が浮かび出た自然石であるためです。
1740年(元文4年)、当時郡上藩の領地であった福井県大野市の真名川で見つかったとされるこの霊石は高さ1メートルほどの白い石面に、冠帯を付け袴姿に刀を差し、梅の一枝を持った菅原道真公の姿とされており、城主であった金森頼錦によって1742年(寛保2年)に小野自在天満宮として神社を建立しこれを祀ったものです。ご神体は深い扉の中に閉ざされており、年に2回(2月と8月)の御開帳に拝観ができます。自然のちょっとしたいたずらもここまで完璧だと神様になってしまう、という例です。

あし::郡上八幡旧庁舎記念館から徒歩10分。

室町様式の禅宗庭園慈恩護国禅寺

雄大な岩山を背景とし、池をおおうもみじの大樹やつつじの刈り込みも美しく、滝の音が幽玄さをかもしだす池泉回遊式かつ座観式の庭園です。創建された半山禅師によって撰ばれた「鍾山十景」というポイントのそれらをひとつひとつたどってみればいっそう興味深く庭園を鑑賞することができます。
また庭の片隅にあるツクバイには水琴窟の意匠がなされ、書院に座って庭を眺めていると、微かに耳にするその澄んだ音色に、古人の作庭にあたっての美学のすばらしさ、美意識の高さに感銘をうけます。

あし::郡上八幡旧庁舎記念館から徒歩10分。

川を治める土木技術 乙姫川の玉石組み

郡上八幡は山々から流れ出る大小の河川が町を縦横にはしっているため、水を治めることが町づくりの重要な課題でした。市内の小河川である乙姫川、赤谷川、武洞川などを見ると、両岸の石垣がそのまま川床へとつづき、びっしりと玉石が組まれているのがわかります。
これは無数の玉石によって絶えず水のエネルギーが分散させられるため侵食作用が損なわれ、その反面で水の浄化が促されるという意図で築かれたものです。
この石組みの技術は郡上八幡城の石垣や旧庁舎記念館から上流にかけての吉田川畔。宮が瀬橋の両岸など市内随所に見られます。
それらの土木技術は約400年前の郡上八幡のまちづくりの基礎に大きな役割をはたしました。その技術を担ったのが郡上北部の白鳥から高鷲にかけて住んでいたといわれる石積み技術を継承する集団でした。
それから数百年経った今でも郡上北部の建設、建築業者には石組みのいい腕を持った職人が多いといわれているのはその技術が無形の遺産として脈々と受け継がれてきたためといえましょう。

あし 郡上八幡旧庁舎記念館から徒歩1分。